Cello bow Nicolas MALINE vers 1860

ニコラ マリーン

 

Nicolas MALINE

1822  Mirecourt - 1877 Mirecourt

フランス ミルクールのさまざまな工房で経験を積み、その後1840年頃にパリのJean Baptiste Vuillaumeの工房でしばらく働きました。 彼が1845年頃にミルクールで開いた工房は、すぐにミルクールで成功し、発展しました。 その結果、彼は多くの職人を雇用し、さまざまなラインナップの弓を多く製作することができました。 マリーンの弓は、特にヘッドにドミニク・ペカットの影響が見られますが、フロッグは丸みを帯びたヴィヨームモデルが主流です。 彼の作品には常に個性的で繊細なタッチが見られます。 とがった弓先は、フランスの弓製作者の代表的な例の一つです。 

 

Certificate : Millant

 

Cello bow Nicolas MALINE

SKU: No.283
¥0価格
  • 価格帯 : ¥5,000,000 -¥10,000,000

    お気軽にお問い合わせください。