Charles Pecatte avec Collaboration vers1920

シャルル ぺカット コラボレーション 1920年頃

France 

Certificate : Raffin 

 

Charles Pecatte 

シャルルは父親のフランソワ・ペカットが幼い頃に亡くなったためにオーギュスト・ルノーブルに教育を受けました。 その後、1865年から1870年までジャン バプティスト ヴィヨームで働きました。 1870年からパリで独立し、1880年から1900年までに作られた弓は評価が高いです。 成功した後、1900年以降は才能のあるアシスタント(その中にSartoryもいました)と弓を製作したり、職人に製作させていました。 彼の作品は、ルノーブルとヴィヨームのスタイルに影響を受けています。 それらは19世紀後半のフランスの弓製作の理想的なやや軽いモデルで、製作技術的にも魅力的な弓です。

Violin bow Charles Pecatte avec Collaboration vers1920

SKU: No.49
¥0価格
  • 価格帯 : ¥3,000,000 - ¥5,000,000

    価格はお気軽にお問い合わせください。