top of page

Dante Regazzoni, Cortenova Valsassina, Italy, 1984

ダンテ・レガッツォーニ、コルテノヴァ ヴァルサッシーナ、イタリア 1984年  

 

Giacomo e Lenadro Bisiachの弟子でもあったレガッツォーニの晩年の作品になります。

明るくきらびやか、かつ力強さを感じる音色で、

音量もありますので弾きごたえがあります。

 

本人製作証明書付き

Modern Violin : Dante Regazzoni, Cortenova Valsassina, Italy, 1984

SKU : 647
Prix
  • 価格帯 ¥3,000,000 - 5,000,000

    詳しくはお気軽にお問合せください。

    Tel : 03-6427-6688

    Mail : violon1@me.com

  • ダンテ・パオロ・レガッツォーニ (1916 - 1999)

    ダンテ・レガッツォーニは、1916年にレッコ県のコルテノヴァで生まれました。

    1953 年に彼は all'ANLAI に登録し、同時に、Giacomo e Leandro Bisiachとの交流も活発になり、Bisiachが1995 年にが亡くなるまで 40 年以上続きました。ミラノの有名なコルソ マゼンタの工房に参加することで、Gaetano Sgarabotto, Giuseppe Stefanini, Ferdinando Garimbertiなど一流の製作者たちと接触するようになります。

    50年代後半には、Sesto Rocchiや Giuseppe Lucciなどの有名な製作者たちのサポートと交流の中で刺激を受け、製作者としてのレガッツォーニのオリジナリティを表現する数多くの楽器を作り始めました。意欲的にコンテスト等に出品し、入賞しています。彼の楽器は無駄のないデザインで、音色は力強さとエレガントさを兼ね備えています。

    ダンテ・レガッツォーニは、生涯の最後の30年間にわたり、故郷ヴァルサッシーナで意欲的に活動を続け、ヴァイオリン、ヴィオラ、3挺のチェロ、2本のギターなど、多くの楽器を製作しました。

    1954年第2回全国現代ヴァイオリン製作コンクールにヴァイオリンで出場し、入選。1955年アスコリ・ピチェノ国立現代ヴァイオリン製作展にヴァイオリンを出品。 1956年ローマで開催された第3回全国現代ヴァイオリン製作コンクールにヴァイオリンで参加し、以下の賞を受賞。ヴァイオリンとヴィオラ部門1位、ヴィオラ部門2位、ヴァイオリン部門13位と「国立チェチーリア国立アカデミー」デュオ部門(ヴァイオリンとヴィオラ) 金賞、ヴィオラに対する閣僚評議会議長の賞を受賞し、現在アカデミア・サン・セシリアの楽器博物館に所蔵されています。

    1957年ポズナム(ポロニア)の国際ヴァイオリン製作コンクール「ウィナウスキー・ウェッテヴェルブ」にヴァイオリンで参加し、オテロ・ビナミとともにイタリア製作者の中で第一位。

    1958年第2回アンティーク・モダンヴァイオリン展 - ペグリ(ジェノバ)にヴァイオリンで参加。 クレモナのインターナショナル・スクール・オブ・ヴァイオリン製作のマスター・ヴァイオリン製作コンクールに参加。 ファイナリスト6名に選ばれました。

    1968年バーニョカヴァッロの現代ヴァイオリン製作展にヴィオラで参加し、参加賞状と功績賞状を受け取りました。1976年クレモナ国際弦楽器トリエンナーレにヴァイオリン1台とヴィオラ2台で参加。

bottom of page