top of page

Gio batta Morassi (ジオ バッタ モラッシ) 

1934-2018

Cremona, Italy 1969  41cm / 本人直筆の制作証明書付き

 

Mint Condition!

ヒビがなく、 ベストな健康状態です。

 

Must see the masterpiece!

現代クレモナの巨匠による1960年代のベストピリオドの作品です。

インベスター、コレクター、演奏家、どの方にとっても魅力的な楽器です!

 

 

オンライン試奏も承ります♪

 

Viola Gio Batta Morassi Cremona, Italy 1969 “Mano d’oro”

SKU : No.716
9 900 000¥Prix
  • “Mano d’oro” 黄金の手

    Gio batta Morassi (ジオ バッタ モラッシ) 1934-2018 Cremona, Italy

     

    ジオ・バッタ・モラッシは1934年にウディネの郊外で生まれ、特別奨学生としてクレモナのヴァイオリン製作学校に通いました。 彼は学んでいくにつれて、その頃のクレモナのヴァイオリン製作が古代の伝統の栄光を取り戻すことができないことに気づき、材料と構造に関する研究と実験を繰り返しました。その結果、古典的なクレモナのモデルと彼自身の手による優れた響きの楽器の生産につながりました。

    1951年から1955年まで、Giuseppe Ornati(ジュゼッペ・オルナーティ)とFerdinando Garimberti(フェルディナンド・ガリンベルティ)の指導のもとで学びました。ジオ バッタは研究を通じて弦楽器製作文化の教育と普及にも全力を尽くしました。イタリアの最高のマスターヴァイオリン製作者を集めたイタリアヴァイオリン製作協会(A.L.I.)を設立し、現在は息子のSimeone(シメオネ)と甥のGiobanni Battistaに引き継がれています。モラッシは1971年にマエストロ・リウタイオになる前に、かつての教師Peter Tatar(ピーター・タタール)の後任となり、1983年まで教鞭を取りました。

bottom of page