Recommended set.jpg

l'atelier by apcが自信を持っておすすめさせていただくRecommended setシリーズ。すぐ演奏が始められるようにセットになっており、通常よりお得な内容となっております。また購入後のアフターケアも安心のメンテナンスサポートプランがついております。

お越しいただける方には是非、実際に触って確かめていただきたく思います。音を出してみる"体験"を楽しんでいただければ、きっと長くヴァイオリン・ヴィオラ・チェロを楽しめて、音楽が生活の中でより身近に、かけがえのないものになっていくと信じております。そんなサポートができましたら嬉しい限りです。随時更新いたしますので、どうぞお楽しみに!

Sachiko Suda-195.jpg

ヴィオラは須田 祥子(SUDA Sachiko)さんによる演奏をお楽しみいただけます。

 

6歳よりヴァイオリンを始め、桐朋学園大学在学中にヴィオラに転向し、98年同大学を首席で卒業。ヴァイオリンを室谷高廣、ヴィオラを岡田伸夫に師事。

97年、第7回日本室内楽コンクール、99年、第7回多摩フレッシュ音楽コンクール、99年、第23回プレミオ・ヴィットリオ・グイ賞国際コンクール、2000年、第2回淡路島しづかホールヴィオラコンクールの全てのコンクールで第1位優勝。

皇居内御前演奏会、トッパンホール ランチタイム コンサート、日本演奏連盟リサイタルシリーズ、FMリサイタル、B→C、ヴィオラスペース等数多くのソロ・室内楽の演奏活動を行なっている。特に、「日本の作曲家2001」及びオーケストラ・アンサンブル金沢との演奏など、NHK-FMでも紹介され高い評価を得た。宮崎音楽祭、鎌倉ゾリスデン、サイトウ・キネン・オーケストラ等に度々出演。

2015年5月の「題名のない音楽会」及び2016年11月の「らららクラシック」のヴィオラ特集、同月の「題名のない音楽会」の「弦楽四重奏特集」に、2021年5月「オーケストラの黒幕楽器を知る休日」に出演。2016年1月には「報道ステーション」で白川氷柱群の前からヴィオラだけのソロ演奏が生中継された。また、2018年6月にNHK-FM「きらクラ」の水戸での公開収録に、2020年2月には「今日は一日ビオラ三昧」にゲスト出演。

現在、東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者、日本センチュリー交響楽団首席客演奏者、アクロス弦楽合奏団、ザ・シンフォニエッタみよしのメンバーを務める他、ヴィオラ演奏集団「SDA48」を主宰。洗足学園大学非常勤講師として後進の指導にも当たっている。

ソロアルバム「ビオラは歌う」シリーズ、SDA48「びおらざんまい」をリリース。